アクティブベースの次世代スタンダード “TRBX”

楽器本来の耐久性と力強いサウンドを兼ね備えながら、豊かな想像力と斬新なアイディアの基に生まれた新シリーズ“TRBX”。音、演奏性、外観、全てにおいてプレイヤーの限界を超えられるベースを目指して-アクティブ・ベースの次世代スタンダードここに誕生。※コチラは5弦ベースです。

ヤマハの革新的なデザイン、精密な工学技術、熟練した職人の技、それらを独自に組み合わせ、開発チームYGD(Yamaha Guitar Development)のメンバーは、一切の妥協を許さないプレイヤーのための楽器“TRBX”を創りだしました。TRBXは太く力強い音を核としつつ、個々のプレイヤーの個性を失わない柔軟な音作りが可能。高い演奏性と軽量化を実現する設計構造により、圧倒的に高いポテンシャルと信頼性を獲得します。音楽ジャンルを越えて、全てのプレイヤーが待ち望んでいたベースが、今、ここに誕生しました。

■スリムなシェイプから、想像を超えるパワフルな低音
立体的なカットを施したボディは、軽量化と心地よいフィット感を実現しながら、充分な体積を確保し、パワフルな低音を生み出します。ボディ材には、マホガニーを採用。ウォームで粘りのあるベースサウンドが魅力です。

■ヤマハベースの中でも最もスリムなネック
握りやすいネックは、スムーズなフィンガリングを可能にし、難易度の高い演奏をサポートします。反りやねじれにも強い、メイプル/マホガニーの5ピース構造を採用。高い強度を確保し、長時間の試奏を繰り返して設計されたジョイント形状は、ハイポジションでの弾きやすさは損なわず、弦振動を無駄なく伝達します。

■ベーシストのモチベーションを刺激する新開発アクティブ・サーキット
『TRBX500』シリーズには、アクティブ・パッシブ切り替えスイッチを搭載。3バンドEQによりクリアで幅広いサウンドメイキングができるアクティブサウンドと、繊細で暖かみのあるパッシブサウンドを使い分けられます。ベースの音色にこだわるプレイヤーに、さらに深いサウンドの追求を提案します。

【SPEC】

弦長 863.6mm
ボディ マホガニー
ネック メイプル+マホガニー5ピース (ボルトオン)
指板 ローズウッド24F (600R)
ナット幅 43mm
ハードウェア ブラックニッケル (ダイキャスト)
ピックアップ アルニコV x2
コントロール トレブル、ミドル、ベース、マスターボリューム、バランサー、アクティブ・パッシブスイッチバッテリーアラートLED(背面)

ソフトケース付き

■カラー
・TWH(トランスルーセントホワイト)


取扱店舗
・グランディ&ジャングル(03-3464-2750)
・ベースステーションリボレ秋葉原(03-3862-0069)


YAMAHA 《ヤマハ》 (TWH) TRBX505-エレキベース

YAMAHA 《ヤマハ》 (TWH) TRBX505-エレキベース!

YAMAHA 《ヤマハ》 (TWH) TRBX505-エレキベース

ミランダ・カー
2016年07月21日 11:53

Pickup

新着ニュース

2016年08月04日 19:01
とにかく取り扱いや置き場所に注意を払わなければならない、高圧ガスを使用したエアゾールタイプのスプレー缶。今の季節は特に消臭剤や制汗剤が大活躍であろうか。そんな中、ライターを手にしていた中学生の少年が…。… >>続きを読む
2016年08月04日 17:50
ハワイ島の不気味なほど赤くきらめく溶岩流といえば「キラウエア火山」が有名だ。しかし今、観光業界が最も注目しているのはキラウエア火山から17kmほど東に進んだカハウアレア・ナチュラルエリア保護区の南、“プウ・オオ・クレーター”の溶岩湖である。火山活動に従ってその火口は時にとても面白い表情を見せてくれるそうだ。… >>続きを読む
2016年08月04日 16:50
「#凛として時雨みたいに言う」というタグがツイッターに増殖中だ。元SKE48の松井玲奈やRIZEのベーシスト・KenKenもSNSで楽しんでいる。ちょっと見るとロックバンドの名前を使った何気ないタグだが、一度味をしめると想像力や創作意欲を掻き立てられるらしい。… >>続きを読む
2016年08月04日 16:00
大ヒット青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書』で主人公の双子の妹ブレンダ・ウォルシュを演じ、日本を含む多くの国々で人気を博した女優シャナン・ドハーティー(45)。現在の彼女は乳がんとの闘いを続けているが、異変にいち早く気付いたのはシャナン本人ではなく彼女の愛犬だったという。… >>続きを読む
2016年08月04日 15:08
やしろ優と言えば茶髪や金髪のイメージが強い。そのやしろ優がこのたび、黒髪に大胆イメージチェンジをした。ブログで「この夏、黒髪へ」と公開したその姿はメイクが薄いことも手伝って一見すると彼女だと分からないほどだ。… >>続きを読む